【金属加工】鉄フライパン FRYING PAN JIU ハンドルセット(ウォルナット)L
Rated 3.5/5 based on 11 customer reviews
販売: 受付中
¥9,900税込
- ポイント獲得
お気に入り
藤田金属 藤田盛一郎藤田盛一郎

「つくる」と「たべる」を一つにした町工場が作る鉄フライパン「ジュウ」

そのままお皿としても使えるため、料理が冷めにくく洗い物も減る優れもの。

厚手の鉄板を使い、外はカリッと中はモチモチに仕上がります。

ガス火とIHに対応しています。

インフォメーション

ブランド 藤田金属
原産国 大阪府
技法 金属加工
素材 本体:鉄
ハンドル:天然木
サイズ (cm) 本体:外径30.0×内径24.0×高さ4.5 (深さ4.0) 底径18.0
ハンドル:全長19.0×径3.5
持ち手付き全長46.0×高さ8.0
重さ (g) 1240
容量 (ml) 1500
紙箱
注意 電子レンジ NG、食洗器 NG、オーブン NG、直火 OK、IH OK
備考 しばらく利用しない場合は、鍋やハンドル全体に食用油をひいて保管ください。
納期 3~5営業日程度(在庫切れの場合+1ヵ月)
鉄フライパン「JIU10」

ブランド

町工場が作る鉄フライパン

JIU10

  • 1951年
  • 金属加工
  • 藤田信二郎
日本製フライパンをつくるために試行錯誤

歴史

小さな町工場だから出来た試行錯誤

私達は1951年に大阪のアルミニウム製金物の製造販売工場からスタートし、創業69周年を迎えました。

これまで、暮らしを豊かにする金属をスローガンに「軽い」「優しい」「便利な」金属を考え、より良い快適なキッチン道具を生み出してきました。

毎日使うモノだから、確かなモノを造りたい。

今から約10年前、「日本製のフライパンが欲しいが、売り場には少ない」というご意見をいただいたのがきっかけで、鉄フライパンの製造をはじめました。

かつては数多くあった日本製フライパンも現在、製造をしているのは10社もなく、ほとんどが輸入品です。

私たちは熟練の技を持つ職人が、日本製にこだわり続けたものづくりに取り組んでいます。

鉄フライパンをつくる工程

特徴

塗装なしの厚い鉄板だから美味しく焼ける

東京の小さなデザイン事務所TENTと協力し、ようやくたどり着いた「つくる」と「たべる」を一つにする鉄フライパン。

厚さ1.6mmという厚手の黒革鋼板を使っているので、弱火でじっくり焼くだけで、お肉はジューシーに、野菜はシャキシャキに、パンなら外はサクッと中はモチモチと驚くほど美味しく焼けます。

山形県天童市で作られた無垢の木材の専用ハンドルは、軽くスライドするだけで360°どこからでも着脱できるので、使うたびに嬉しくなる気持ち良さ。

焦げ付きにくく、サビにくい手軽に美味しく調理できる鉄フライパンです。

鉄フライパンで料理をする

 

お客様へ

お客様の手で育ててください

フライパン「ジュウ」は大阪の町工場で、職人が1点1点手作りした鉄フライパンです。

製造工程上、金属の色味が商品毎に異なります。

また、使っていると油が染み込み、徐々に黒く色付いていきます。

使えば使うほど変化する、手作りの鉄フライパンならではの味わいとしてお楽しみください。

ぜひ長くご愛用ください。

受賞歴

2014年 大阪ものづくり優良企業賞

2017年 OMOTENASHI SELECTION 受賞

2017年 大阪製ブランド認証(フライパン物語)

2019年 大阪製ブランド認証(10FRYING PAN JIU)