【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾る鬼瓦:石川智昭
Rated 3.5/5 based on 11 customer reviews

【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾る鬼瓦:石川智昭

安全な決済/破損・不良品の無料交換保証付



Image
販売: 受付中
¥28,000
- ポイント獲得
お気に入り
鬼瓦家守 石川 智昭 石川智昭

1400年の歴史を持つ鬼瓦は、古来より厄除け、魔除けとして、日本の家屋や家族を守ってきました。しかし、鬼瓦を屋根に飾ることができる家屋が減少しています。そこで現代の建築様式にマッチさせるため、「室内に飾る鬼瓦」という斬新なアイデアを実現した商品を作りました。

~鬼師 石川智昭~

相手本位の精神が優しい表情を生み出しました。

「家内安全」を願いながら一刀入魂。指で丁寧に仕上げられた作品は、不思議と優しい表情になっていたという。お客様を想いながら制作することで「子供が怖がらないように」という想いが無意識に働いたのかもしれません。

鬼師

Oni Shi

鬼瓦の新たな可能性

石川 智昭

来歴

History

平成8年、株式会社石英に入社。その後、平成19年 まで有限会社カネコ鬼瓦工場に修行に入り、株式 会社石英に戻る。修善寺、歌舞伎座をはじめ、 数々の神社仏閣などの鬼瓦を手掛ける。

鬼瓦へかける思い

My philosophy

すべての家庭に 鬼瓦を

家に寄る邪気を祓い、家族を守る。古くから「魔除け」としての役割がある鬼瓦だが、近年の住宅様式の 多様化により、一般家庭から姿を消しつつある。この現状を何とかしなければ...。強い使命感が 「iemori」を生み出す原動力になった。瓦を使わない住宅でも「一家に一鬼」。そんな日が訪れることを 願い、今日も無心で鬼を彫る。

鬼師になるために生まれた

「先代の後を継ぎ、鬼師になる」。物心ついた頃から、漠然とした覚悟があったという。そんな彼は手造りであることへの想いも強い。好みでもある光沢感ある仕上がりを表現するため、ヘラや指を使った入念な仕上げにこだわる。

こだわり

focus points

道具は身体の一部

数ある道具の中でも、仕上げに欠かせない「金ベラ」 への愛着は強い。長い間使用していると微妙な歪みを感じるほど繊細なもので、仕上がりへの影響も大きいという。身体の一部のようにメンテナンスを怠ることはない。

お客様へ

For Customers

常に相手の立場に立って

ひとつひとつの作品に真摯に向き合うこと。そして それを継続していくことが信条。お客様に喜んでい ただくことのやりがいを強く感じた経験から、常に お客様の立場に立ち、喜ぶ顔を想い浮かべながら制 作している。

インフォメーション

ブランド 鬼瓦家守
原産国 愛知県
技法 三州鬼瓦
素材 瓦、ウォールナット
サイズ cm (約) 14.0*20.0*2.6
重さ g (約) 800
容量 ml (約)
電子機器
備考 The product is in a paulownia box. Please do not touch orge mask with bare hands. It is possible to install both [wall hanging] and [stationery]. You can fix with plaster iron that is included even with gypsum board wall without base.
納期 1~3営業日程度(在庫切れの場合+1~2週間)

お客様のレビュー